国務院のニュース部門に認められた済南市の唯一のニュースサイトであり、済南市の総合的なウェブサイトであり、山東省の重点ニュースサイドである。

山東と台湾、文化交流成果顕著へ

2015-11-10 13:44:20

  山東省は台湾と経済貿易と文化など各分野の交流と協力を促進して、顕著な交流成果を取っている。今年9月の月末まで、山東省は台資プロジェクト8692つを批准して、台資236.8億米ドルを使用した。山東省へ来た台湾同胞は332.5万人に達した。招待に応えて台湾に行く山東人は5.8万人で、台湾へ観光に行く山東人は55.9万人に達した。大衆日報が伝えた。

  山東省委、省政府は台湾との交流と協力を重視している。山東と台湾各分野における交流と協力のレベルは全面に高められる。省委書記姜異康、省委副書記、省長郭樹清など山東省指導者は何回も台湾から来た知名者と台湾団体に面会した。また、台湾に関連するイベントも数回も出席した。郭樹清は台湾へ交流に行ったこともある。今年の1月に、副省長季緗綺は台湾へ山東文化交流祭や山東非物質文化財展覧会の開催に行った。

  山東と台湾の経済貿易協力の品質も向上されつつある。経済の融合は加速している。省政府と国台弁が共同で開催する「魯台経済貿易懇談会」はすでにイ坊と台湾で21回連続で行われた。また、台湾山東週、山東台湾週、台湾農製品展示展覧会など対台経済貿易活動は海峡両岸と社会各業界の間で広く知られている。

  また、山東と台湾の間、人的往来も大幅向上している。文化交流の特色も鮮明である。山東省は斉魯文化資源の優位性を充分に発揮して、特別に対台ブランドを打ち出す。両岸孔子文化交流祭、両岸漢字芸術祭、両岸経典文化推奨公演などの交流活動は開催された。文化、教育、青少年、基礎民衆と観光という5大交流シリーズは形成された。台湾と教育、衛生、体育、科学技術、図書、映画、農漁民などの分野の交流は全面に展開されている。教育、青少年と観光など交流を重点に強化されている(中国山東網 )

作者:
免責事項:当ネットに書いてあるように“出所:XXX(非舜網)”の作品は、他のメディアから転用されており、転用の目的はもっと多い情報を伝えることで、当ネットがその観点を賛成することを代表しないし、また、その真実性を持つことに対して責任しません。他のメディアからの原稿を転用することは、公衆に無料サービスを提供するの意味があります。原稿の著作権部門、また個人が当ネットで発表したくない場合、当ネットに連絡をお願いし、当ネットが情況により直ちにそれを取り除きます。

省都済南

教育

済南は山東省の文化、教育の中心とする。省都のため、多くの高等教育機関が済南に集まっている.

経済の発展

済南は中国近代歴史での第一の商埠を創設し、開港して、近代の中国内陸都市の中で商売と対外開放をする先駆けとなった。

歴史文化

済南市は中華文明の発祥地の1つで、約3千年の歴史を持ち、国に公布された最初の歴史文化名城である

旅行案内

「天下第一泉」といわれるホウ突泉、湖畔に伝統的建築物が残る大明湖、摩崖仏が多く彫られたことからその名がついた千仏山は済南の“三大名勝”と呼ばれる。

七十二名泉

済南は“泉城”と呼ばれる。2005年9月に実施した≪済南市名泉保護条例≫の中に合計645処の名泉がある。

済南について

済南市(さいなんし)は中華人民共和国山東省に位置する副省級市。山東省の西部に位置し、省都として省内の政治、経済、科学技術、文化、教育、旅行、の中心としての地位を占める。