国務院のニュース部門に認められた済南市の唯一のニュースサイトであり、済南市の総合的なウェブサイトであり、山東省の重点ニュースサイドである。

おつりは使わず、支付宝でバスを乗れる

2018-01-11 17:08:53

  \

  10日、支付宝コード乗車サービスは済南269条バス路線に全面的に進まれ、今後おつりを使わずバス乗れ、市民が小銭乗車時代と徹底的に別れた。現在、支付宝コード乗車は原価だが、済南市公交総公司情報センター関係者によると、支付宝乗車キャンペーン・微信コード乗車が春節前後に全体カバーする。また、この多様化の移動支払い方式は、済南初の地下鉄に応用する。未来、市民は携帯で、バスと地下鉄を乗り換える。

作者:
免責事項:当ネットに書いてあるように“出所:XXX(非舜網)”の作品は、他のメディアから転用されており、転用の目的はもっと多い情報を伝えることで、当ネットがその観点を賛成することを代表しないし、また、その真実性を持つことに対して責任しません。他のメディアからの原稿を転用することは、公衆に無料サービスを提供するの意味があります。原稿の著作権部門、また個人が当ネットで発表したくない場合、当ネットに連絡をお願いし、当ネットが情況により直ちにそれを取り除きます。

省都済南

教育

済南は山東省の文化、教育の中心とする。省都のため、多くの高等教育機関が済南に集まっている.

経済の発展

済南は中国近代歴史での第一の商埠を創設し、開港して、近代の中国内陸都市の中で商売と対外開放をする先駆けとなった。

歴史文化

済南市は中華文明の発祥地の1つで、約3千年の歴史を持ち、国に公布された最初の歴史文化名城である

旅行案内

「天下第一泉」といわれるホウ突泉、湖畔に伝統的建築物が残る大明湖、摩崖仏が多く彫られたことからその名がついた千仏山は済南の“三大名勝”と呼ばれる。

七十二名泉

済南は“泉城”と呼ばれる。2005年9月に実施した≪済南市名泉保護条例≫の中に合計645処の名泉がある。

済南について

済南市(さいなんし)は中華人民共和国山東省に位置する副省級市。山東省の西部に位置し、省都として省内の政治、経済、科学技術、文化、教育、旅行、の中心としての地位を占める。